耳鳴りが止まらなくなったら耳鼻科に行こう

クリアな聴覚で健康生活を

耳

原因を見極めて症状を改善

周囲に音源がないのに、耳や頭の中で音を感じる聴覚現象が耳鳴りです。聴覚は非常に敏感ですので、健康な人でも防音室内や静かな場所にいれば、耳鳴りを感じることがあります。けれども、長い期間に渡って続いたり、めまいや発熱等を伴う場合には、重大な病気の疑いもありますので注意が必要です。 一般的に、「ピー」「キーン」というような高調音の耳鳴りは内耳や中枢性の病気が、「ジー」「ザー」などの低音は中耳の病気が原因となるケースがよく見られます。病的な耳鳴りは、薬剤の影響や加齢・騒音・外傷等による難聴が、進行する際の初期症状であることも少なくありません。しかし、難聴を伴わない耳鳴りは、高血圧や脳血管障害、敗血症などの全身性疾患の症状とも考えられるので、早めに医師の診断を仰ぎましょう。耳鳴りの治療法は、原因となる病気があるならば、内科的または外科的に適切な処置を行います。また、対症療法として耳鳴りのおもな原因となる疲労やストレスを取り除いたり、精神療法を施すことも効果的です。症状がなかなか改善されない場合や早く治したいという人は、一度耳鼻科へ行き医師に相談するようにしましょう。しかし、耳鼻科といっても数が多いため、どこがよいか迷う人もいるでしょう。そのような時は、ネットの口コミやランキングサイトなどで利用した人の意見を参考にするとよいです。また、利用する際には自分に適したところを見つけることが大切です。最近では、脳への血流を活発にすることにより、耳鳴りの症状が改善されるという考え方が注目を集めています。血液の循環をよくするIPAやDHA、血管を正常に保つ働きのあるレシチンなどが、豊富に含まれる食材を積極的にメニューに取り入れてください。食事で摂取するのが難しければ、耳鳴り対策のために開発されたサプリメントも多数ありますので、試してみるのもよいでしょう。