耳鳴りが止まらなくなったら耳鼻科に行こう

カウンセリング

怪しいと思ったら病院へ

耳鳴りを少しでも感じる場合には、そのままにしておくのではなく、必ず一度病院に行くようにしましょう。また、日頃の生活習慣を見直して、規則正しい生活を送るように心掛けましょう。質の良い睡眠や適度な運動など、出来る事は積極的に直していきましょう。

耳鳴症の特徴

看護師

原因と改善方法

耳鳴りは誰でも経験をされたことがあるものとなりますが、慢性的に耳鳴りがするという方は、病気が原因という場合もあります。病気としては、耳の中や外が炎症してしまう中耳炎や外耳炎、聴神経に腫瘍ができてしまい、神経が圧迫されてしまう聴神経腫瘍、脳の血管が詰まってしまう脳梗塞など様々なものがあります。病気の他にも、首や肩のコリによって血の流れが悪くなってしまい、耳鳴りがしてしまう場合もあります。血液中の老廃物が肝臓で上手く排出されないことも、耳鳴りがしてしまう原因と考えられています。病気や身体の不調だけでなく、ストレスも耳鳴りと関係していきます。過度のストレスを感じてしまうと、自律神経が乱れてしまい、耳鳴りとして不調が表れてしまうこともあります。ストレスによって、人と関わりたくない、なにも聞きたくないと思うことによって、耳から入る情報を遮るための自己防衛としてなってしまうのではないか、とも考えられています。耳鳴りで病院を受診された方は、病院から処方された薬などで改善を試みますが、薬だけでなく、改善と予防をしていくことができると言われています。方法としては、耳鳴りに良いとされているツボ押しや食事療法を行っていきます。ただ、人によっては効果が感じられないことも多いので、改善方法としておすすめなものとしては、サプリメントや漢方薬を利用していくことになります。これらは毎日手軽に摂取し続けられるものとなります。

病院

症状毎の改善法があります

一種の聴覚障害でもある耳鳴りの症状や原因は様々です。一般的に多い自覚的な耳鳴りは腸神経の異常が原因だと言われています。しかし、吐き気やめまいを伴う耳鳴りは重大な病気の症状の一つかもしれないので、即座に耳鼻科などの医療機関を訪れるようにしましょう。

耳

クリアな聴覚で健康生活を

耳鳴りは誰でも経験する現象ですが、原因を究明することが重要です。聴覚の異常だけではなく、脳や血管の病気によって引き起こされるケースも数多くあります。早期に医療機関で診察してもらいましょう。生活習慣や食事を改善することで、耳鳴りの症状が軽減されることも期待できます。